2015年度始動・・・?

現中学1年のメンバーを送り出して
しばらくはモチベーションが上がらずにいたのだが
あっという間に今年度も合宿の時期が来てしまった

この間はこれと言った活動もせず
たま~に低学年の試合を観に行くぐらい
お陰でほとんどの子供と名前は一致するようになった

代表からはGMという肩書をいただいて
若手指導者の育成にという大役をいただいた
なんだかんだと15年間コーチを続けてきて
それなりに積み重ねて来たものはあるのだが・・・

それは言葉で伝えることは中々難しい
自分が子供たちを指導する現場を見てもらって
何かを感じてもらうしかないのかも知れない

「誉めて育てる」という言葉があるが
教科書に書いてある様に誉めてみたところで
子供たちの反応は一人ひとり様々なのだ

色々とサッカーの指導書も読んだが
万能な指導法などというものは存在しない

結局は一人ひとりの子供と
どれだけ真剣に向き合えるか
そこに子供の成長は懸かっていると思う